Asian Human Resources
プロフィール日本講座バックナンバーEnglish
ユニテックフジワークアピス
Vol. 23

雇用市場は外国人採用にシフト!
7月末から東京、大阪で外国人雇用セミナーを
開催します。

2016年6月28日

  7月下旬、『ASEANの若者、活用に期待するためのセミナー』を開催することになりました。ご関心のある方々はぜひご参加ください。このセミナーは、日本人材総合研究所(略称人材総研、JHRI)が主催し、フィリピンの送り出しエージェントの団体であるJEPPCA(ジェプカ、Japan Employment Providers of the Philippines and Consultant's Association)が協力します。下のバナーをクリックすると、セミナーの概要とお申込み欄が表示されるので、ご利用ください。
セミナーの概要とお申込み

   今回のセミナーでは、①日本の外国人労働の現状、②当該労働力の確保策、③外国人雇用の留意点と活用事例、④人材総研(JHRI)とNPO法人グローバル人材育成協会による外国人労働者需給調整事業の仕組みと運営等について講演し、質問にも応じます。所要時間は2時間半くらいですが、簡単な懇親の場を用意して名刺の交換が出来るようにします。東京会場の講師は、武藤泰明・早稲田大学教授と三浦和夫です。

   8月5日のリオ五輪開催まであとわずかです。それが終了すると東京五輪に向けた準備が一気に加速されます。厳密にいうと、スタジアム建設、道路整備などは3年半後に完成させなければなりません。他方、五輪効果を期待した景気の向上も期待されるので、人手不足は一層深刻になるのは確実です。

   政府も思い切った政策転換を図る可能性があり、民間企業ではそれを見越した外国人労働者の採用を加速させるでしょう。


エーピーシーズポーターズ株式会社ORDIA



画像が表示されない場合はこちらをご覧下さい。

禁無断転載
Copyright (c) Japan Human Resources Institute Allrights Reserved.